インクカートリッジは、プリンターを使用するのに必要な物です。

どのような種類があるか知っておくと、購入がスムーズにできるので便利です。

純正は、メーカーが独自で製造および販売している種類です。

インクが機械の特性に応じて調合されており、商品のパッケージにもメーカー名が記載されています。

また、いくつかあるインクカートリッジのなかでは高く設定されています。

場合によっては、何本か購入したら新しいプリンターが購入できる場合もあります。

しかし、メーカーの補償があるなどのメリットもあります。

互換性の製品の特長は、プリンターメーカー以外で製造及び販売された製品だという点です。

価格が安価なものが多いのが特徴で、対応メーカーの表示のみされている大容量タイプも販売されています。

ただしデメリットとして、メーカーの補償が無いことがあります。

これ両方のメリットとデメリットを知っておくと、かなり商品を選びやすくなるでしょう。

インクカートリッジを購入する時に、純正と互換性の物を比較検討する場合があるでしょう。

メーカー品である純正がなぜ価格が高いのかその理由をご存知でしょうか?

それは、プリンターを安価で販売している分インクカートリッジを高い価格で販売しているからです。

プリンターメーカーは、高価なインクカートリッジや写真用紙を販売することでプリンターの値下げ分を補てんしていると言えます。

純正の商品を2回程度購入すれば、安価なプリンターなら購入することが可能です。

これらについては、このサイトが参考になります。

インクカートリッジの互換性について調べる

プリンターメーカーは、詰め替え用の商品が使用しにくくなるようにICチップで枚数制限を行うなどしている場合があります。

また、互換性の商品はインク漏れを起こす場合があります。

その点、純正のものはインク漏れの報告がほとんどないという特性があります。

また、時間の経過と共に印刷物の状態に質の差が生じやすという問題があります。


Comments are closed.